○○円たまる貯金箱

海外旅行が好きです。旅行に行くと決めてから自分で航空チケットの手配やホテル探し、どこに行こうか考えている時期がとても楽しく、当日空港へ行き出発までの待ち時間に空港のカフェで時間つぶしをしているあの時間が最高潮に楽しいです!(行ったら行ったで楽しいのはもちろんですが)
実際に行く予定は今無いですが、あの空間を想像しただけでわくわくし、この間夢で見て目が覚めたときにはとてもがっかりしました・・(笑)
そう簡単には行けないので100均でも手に入る100円、500円貯金をしています。テレビで芸能人の誰かが500円玉貯金をして、あの貯金箱がタワーになるぐらい溜めていたのを見たのがきっかけです。お財布の小銭はいつのまにかコンビニなどで使ってしまいますし、気づいたときにまめに入れるようにしています。銀行に預けるより実際に重みとして溜まった実感が湧きますし眼に見て楽しいです。また再びあの空港での幸せな時間を過ごすのを夢見ています。

チャリティーグッズ

私は今から30年以上前の14歳の頃に小児がんに罹った経験があります。
その当時の5年生存率は30%程度だったらしいですが、5年の入院・通院期間を経て無事に寛解となりました。
そして、最近40歳を超えたころから、小児がん患者・家族を支援する数々の団体と関わる事が多くなりました。そこで、何か自分もその支援活動に対して力になれないか?出来る事はないか?と考えて、チャリティーグッズを作製してそれらの支援団体に無償で寄付する活動を個人的に始めました。
小児がん患者・家族支援のシンボルマークに「ゴールドリボン」があります。(乳がん患者支援のピンクリボンのようなもの)このゴールドリボンをモチーフにしたデコアートグッズ(ピルケースやカードケース)を作製し、各団体のチャリティーバザー等で販売して、売上げを寄付しています。
これらのグッズを作製している時が「微力ながら誰かの役にたっているかな…」と感じ、とても充実していて楽しいです。そしてチャリティーバザーで直接購入してくれる人達と接する場面は、とても嬉しい気持ちになります。